リフォームメニュー|防犯・防災対策

窓・ドア・玄関対策

窓対策の基本は「防犯ガラス+2ロック」

ガラス破りを防ぐためには、割れにくい「防犯ガラス」にすることが重要です。
加えて補助錠やロック付きクレセントにすることも効果があります。

説明図

補助錠

サッシの2ロック化は特に重要です。
暗証番号つきの補助錠にすることで、開錠がさらに難しいものとなります。

補助鍵

合わせガラスに交換

強じんな中間膜を挟み込んだ合わせガラスに交換することにより、ドライバーによる「こじ破り」やバールなどによる「打ち破り」に高い抵抗力を発揮します。

  • ドライバーを使ったこじ破りシングルガラス

  • ドライバーを使ったこじ破り合わせガラス

  • バールを使った打ち破りシングルガラス

  • バールを使った打ち破り合わせガラス

防犯フィルム貼り

窓ガラスの片面(全面)に貼るだけで、打撃に対して強い耐性を発揮します。
既存の窓ガラスにフィルムを貼るだけなので、手軽に防犯性能を高めることができます。

防犯雨戸

雨戸を閉めた状態でも採光・通風がおこなえるブラインド式の雨戸です。
暑苦しい夏の夜でも、高い防犯性能を発揮します。
折りたたみ式なので、戸袋スペースが不要です。

  • 説明図

  • 開けた状態

  • 採光・通風の状態

防犯面格子

腰高タイプの引き違いサッシに取り付けられる、アルミニウム合金押出形材の面格子です。
開口部からの侵入を防ぎます。

防犯目隠し

腰高タイプの引き違いサッシに取り付けられるアルミニウム合金押出形材の防犯目隠しです。
外部からの視線を遮ることができるので、プライバシーの確保にも役立ちます。

電動シャッター

リモコンでの簡単操作で、シャッター開閉の煩わしさを解消します。
自動ロック機能で、閉めると自動的に施錠するので、防犯対策を高めることができます。

ドア対策の基本は「防犯錠+2ロック」

ドアからの侵入は、特殊な工具を使って鍵を開ける「ピッキング」、バール等でドアの隙間をこじ開ける「こじ破り」、ドリルで穴を開け、棒などでサムターンを回す「サムターン回し」など、さまざまな方法が用いられます。
ドアからの侵入対策には、これらに対応した複合的な防犯性能を持ち、2つ以上の鍵が取り付けられているかがポイントです。

説明図

玄関ドア交換 【サッシ枠カバー工法】

ピッキング、こじ開けなどの手口に対応し、優れた防犯性能を発揮する玄関ドア。最新の防犯対策をワンセットで取り付けることができます。

説明画像

勝手口交換 【勝手口・屋上出入り口カバー工法】

既存の四方枠に、改装用の枠を被せる工法ですので、額縁やクロスなどの内装工事を含む既存出入り口の撤去工事が不要です。
ドアを閉めたままで換気できる、上げ下げ式通風機能付き。
2ロック標準装備のレバーハンドルで、錠前はピッキングに強いリバーシブルキーを採用しています。
錠前はオプションにより、さらに防犯性の高いディンプルキーとする事も可能です。