2006年12月入社

インテリア

竹内 恵

グループ企業を経て
ファミエスに入社

グループ企業を経てファミエスに入社

短大時代に生活学科で少々建築の勉強をしており、当時から建築業界で働きたいと思っていました。
最初は就職難もありビルメンテナンスの会社に営業事務として就職しましたが、建築に関わりたいという思いからセキスイハイムグループのインテリア専門の会社に転職しました。
その後、出産やグループ企業内での転職を経て2016年4月からファミエスで働いています。

私はレアなケースとしてグループ企業内で転職をしましたが、ファミエスを含めセキスイハイムグループはどの会社も暖かい会社だという思いがあります。
困っていることがあったら相談にのってくれて、辛い時には声を掛けてくれる社風です。出産休暇や育児時の時短勤務などのサポート体制も充実していますし、気がついたら10年近く経っていました。
もちろん実力や努力は必要ですが、セキスイハイムグループ内では手を挙げていろいろなことに挑戦することが出来ると思います。

インテリアコーディネーターとしての仕事

カーテン、内装、室内の家具の配置や造作家具のご提案などを行います。基本的には営業と一緒にお客様のところに伺い、ヒアリングしご提案に繋げます。
リフォームのインテリアコーディネーターは、どの物件に対してもスピーディーな対応を求められるのが大変なところであり、やりがいを感じることろでもあります。
それぞれのお客様に合った提案をするので同じものはありません。素敵な提案ができた時は嬉しいですし、その反面すごく落ち込むことも勿論あります。最終的にいいものが出来上がってお客様に「ありがとう」と言っていただけると「あぁ、やっていてよかった」と思えます。
まだリフォームでは部分的なリフォームが多いので、今後は、インテリアの必要性を訴求していけるようにしたいと考えています。

2006年12月入社
インテリアコーディネーター

竹内 恵

良い空間が出来て、お客様からの「ありがとう」との言葉を頂く事が何よりのよりの喜びと語る、お客様思考の出来るコーディネーター。

一日の仕事の流れ

9:30
見積り・プレゼン資料作成
A様に提出するプレゼン資料を作成する
11:30
移動・昼食
13:15
A様邸訪問
午前中に作成したプレゼン資料を用いて、家具の提案を行う
15:00
B様邸訪問
キッチンリフォームを検討中のB様から床材の色と面材の色の相性について相談を受ける
17:00
帰社
打ち合わせ
営業担当者とA様邸のプランについて打ち合わせ
17:30
見積り依頼・事務処理
A様が選ばれた家具を使用した場合の見積もりをメーカーに依頼する
18:00 退社