2012年12月入社

エクステリア

森 直啓

全国表彰にも参加する
実力派プランナー

ハイクオリティなエクステリア

造園から業界に入り、前職はハウスメーカーの下請け企業で今と同じエクステリアのプランナー・営業の仕事をしていました。
下請け企業ですので、お客様と直接関わりあうことができない事に不満や憤りを感じている中、先に東京セキスイハイムに転職していた元同僚から声がかかり、お客様と直に関わりながら一貫して行いたいという想いで、まずは新築部門である東京セキスイハイムへ入社しました。
エクステリア業界内でも、セキスイハイムは外構にいち早くエクステリア事業に力を入れ始めていたと認知されていますし、そのこだわりは肌で感じていましたので、声をかけてもらった時に、大きなやりがいを感じた事を覚えています。

スピード感のある現場

2014年3月に新築部門である東京セキスイハイムから、リフォームを手がける東京セキスイファミエスに移籍しました。
新築・リフォームともに、セキスイハイムグループではエクステリアを元請けとして受注しておりお客様とのつながりが強いです。また、デザインも会社から一任してもらい自分の好きなようにプランニング出来る事にやりがいを感じています。
同じエクステリアの仕事でも、新築とリフォームではスピード感が大きく異なります。東京セキスイハイム在籍時には、月平均5〜10件程度のだった案件が、東京セキスイファミエスに移籍してからは、大小合わせて15〜30件程となっています。
案件数は増えましたが、関係する営業やCADオペレーターと連携しスムーズな進行をする事が出来ています。

エクステリアという仕事が好きなので、いつまでもプレイヤーとして現場に出ていたいという気持ちもありますが、今後は人材育成等にも力を入れ、セキスイハイムグループの中でエクステリア事業を大くしていきたいという目標もあります。

2012年12月入社
エクステリア

森 直啓

日本庭園からイングリッシュガーデンまで幅広い知識とセンスを活かしながらコミュニケーションを重視する実力派。
2016年度には全国表彰される等、今後も期待される。

一日の仕事の流れ

9:30
現場にて打ち合わせ
A様から細かなご要望を伺う
11:00
現場管理
B様邸の外構リフォームの進行状況を確認する
12:00
移動・昼食
13:30
現場にて打ち合わせ
C様よりガーデンリフォームのご相談を受ける
15:00
移動
16:00
帰社
事務処理
A様から伺ったご要望をまとめ、C様用の提案書作りをする
18:00 退社