2005年12月入社

営業職

高野 総子

産休明けからの復職
時短で勤務中

志に惹かれファミエスに入社

大学卒業後、最初は食品会社で品質管理の仕事をしており、就職をしてからは“もっと人と関わりながら仕事がしたい”と思っていました。
当時インテリアや家具に興味があったこともあり、不動産・賃貸と中古マンション販売の為のリフォームを行っている会社に転職し、営業事務などを担当しながら少しずつ経験をつんでいきました。しかしここでも“よりお客様の方を向きたい”と考え工務店に転職、その後3度目の転職でファミエスに入社しました。
入社以前にはファミエスの社名を知りませんでしたが、安心できる組織で“人とかかわりたい”“お客様を向いて仕事がしたい”という想いをここなら全てを叶えられると考えての転職でした。

リフォーム営業というと「モノ」売りに走りがちなイメージですが、ファミエスでは「モノ」売りではなく生活提案を含めた「コト」売りをモットーにしています。
また、セキスイハイムの建物は耐久性があるので、単純にリフォームをして頂くだけでなくお客様のお住まいを「大切な資産」としてご活用いただく為のお手伝いをしています。
ただのリフォーム屋ではないところが大きな魅力となります。

日々の営業活動を積極的に行い成績を残す事ができた結果、入社4年目には店長を任せていただく事になりました。
ファミエスは男女や年数での区別無く実績と実力で判断してくれますし、営業は頑張れば表彰される制度があるのでやりがいを感じながら業務にあたれます。

育児休暇取得後に職場復帰

2015年6月から2016年5月までの1年間育児休暇を取得しました。
現在は子供が幼いため、店長ではなく営業として9:30~16:00の時短勤務をしています。
ファミエスは育児期間の時短勤務を最長10年として設定しています。
こうした時短勤務の実現も組織としてのサポートがあってこそのものです。
周りの理解あってこそですが、事務処理等は、電話1本で他の内勤スタッフに対応してもらったりと協力体制が確立されていますので、仕事と家事・育児の両立を実現できています。

2005年度入社
リフォームコーディネーター

高野 総子

2005年10月に入社し、東京セキスイファミエスで女性営業として活躍する。2015年6月からは出産育児休暇を取得し、2016年5月に復職。現在は時短にて勤務中。

一日の仕事の流れ

8:00 自宅出発
8:30 保育園に子供を預ける
9:30
営業活動
営業エリアのお客様邸を発掘訪問する
13:15
A様邸訪問
資産に関するご相談を受ける
14:30
B様邸訪問
現状の住まいのお困りごとを聞く
16:00 現地にて就業・直帰