interior
case 11

プランの決め手は一つのダイニングセットの提案から

奥様のお母様が所有されていたお住まいを受け継ぎ、フルリフォームいただいたオーナー様。
当初はリビングとダイニングを分けたプランをお考えでしたが、キッチンスペースとの兼ね合いでご苦労されたそう。
解決のきっかけは一つのダイニングセットでした。

限られたスペースを広く使いたい。
その思いを叶えてくれたのはセキスイファミエスのインテリアコーディネーターから提案された、リビングとしてのくつろぎ空間を兼ねるダイニングセットでした。それまで思いつかなかったインテリアアイテムの提案を受け、プランは一気に進みました。今ではソファの一角がご主人様のお気に入りスペースに。広さを意識し選択された白い壁を彩る「アート」を選ぶことが今の楽しみになっているそうです。

Before

  • リフォーム前のキッチン

  • リフォーム前のサニタリー

After

  • オープン対面型のキッチンとすることで、リビングとの空間を
    分けつつ、オープンなカウンターでつながりを保っています

  • 間接照明がご家族の新しい暮らしをやさしく演出

  • 収納空間としても充実の洗面台

  • 落ち着いた木目色がやすらぎの時間をもたらすバスルーム

  • 重厚感と明るさを兼ね備えた玄関周り

  • 動線を変えることで収納空間が充実の玄関

  • キッチンへ光を導く飾窓が玄関のアクセントに

  • 限られた空間をタイルで豊かに演出し憩いのスペースに

  • 使い勝手を一新するフルリフォームで、
    これからのご家族の暮らしを育みます