exterior
case 22

ウッドデッキ新設で誕生したアウトドアリビング空間

あまり活用していなかった庭と通路のスペースをフルに利用し、
広く開放的なウッドデッキを新設。
光を取り込みながら外からの視線をカットできるスタイルシェードなどの提案も受け、
洋風の外観にもマッチした癒しの空間が新たに生まれました。

Before

  • 植栽の手入れが追いつかずうまく活用されていなかった庭

After

  • 目隠し用フェンスの下の外塀は既存の門袖に馴染む色で塗装。

  • 和室に面した西側のデッキは駐車場の車が確認できるよう、
    スリット幅の広いフェンスを採用。

  • 玄関アプローチを挟んで既存部分と新設部分の
    テイストを合わせました。

  • 西側デッキには階段を設置して、
    駐車場からの導線も確保。

  • リビングとデッキの高さを合わせ、
    さらにオーニングを設置したことで、
    アウトドアリビングのような空間に。

  • 南西側のコーナーにある和室。
    デッキの新設で視界が広がりました。

  • 日よけには庇の長さを調整できるオーニングを採用。
    メッシュのスクリーンが内蔵されており、
    スクリーンとフェンスによる目隠し効果で閉塞感のない開放的な空間に。