exterior
case 12

エクステリアリフォームでメンテナンスの手間を軽減

生垣の手入れにお困りだったM様。
老朽化した門周りとゲートを刷新したいとのご希望もありエクステリアリフォームを行いました。
観音開きだったゲートは、容易に全面開口する事が可能な跳ね上げ式を採用しました。
手入れの手間に悩まされていた生垣は、ゲートと同じ木目調の物を選び一体感のあるデザインとしました。
手入れの手間を軽減ながら使い勝手も向上させ、通りからのイメージもモダンに刷新させる事が出来ました。

Before

  • リフォーム前の門周り

  • 手入れの手間に悩まさせていた生垣

After

  • 門周りの印象を一新

  • 門扉、フェンス、ゲートともに木目調でコーディネート

  • 以前の大谷石のイメージを引継ぎ粗目のタイル貼りとした門袖はポストも新調

  • 生垣から手間のかからないブロック・フェンスにリニューアル