exterior
case 10

加齢に配慮したスロープ・アプローチを新設。
回遊式とすることで、どの場所でも緑を楽しめます。

お父様が介護施設からご自宅に戻られるため、玄関までのスロープを設けたいというご依頼がきっかけでした。
ヒアリングの中でお庭への思いも感じ、植栽を極力残すことに。
お父様が大事に育てられてきた柚子の木を生かすと共に、スロープをゆるやかな勾配とするために、Uの字に迂回させています。
手摺りは色味を調和させたものを設け、道路面は雨の日も滑りにくい仕上げとしています。
階段部のレンガと合わせ、スロープの両脇にはアンティーク風レンガを積み上げました。

Before

  • リフォーム前のアプローチ

  • リフォーム前のアプローチ

After

  • スロープに囲まれるグリーンスペースは、元からあったレンガや石、植栽でつくりました。
    作業のしやすさを考え、中心部に空間を設けています。

  • アーチの位置を移し、もうひとつの趣の異なる庭をつくりました。
    四季を楽しめる小径になっています。

  • 門から階段を通り玄関へ向かう既存アプローチと、今回新設したスロープ・アプローチがたくみなデザインと施工によって見事に調和しました。

  • 緑を見やりながら通る、安心のスロープ・アプローチ。動きのある空間になりました。

  • 移動しながら、緑や花を眺められるレイアウトになるように、注力しました。