リフォーム事例 04 東京都足立区 S様

大容量の太陽光で発電した電力をすべて売電することで入居率に関わらず、安定した収益を確保

リフォームデータ

■建物タイプ:
アパート/レトアテラス
■築年数:
1年
■工期:
約8日(2棟)
■工事費用:
お問い合わせください
■工事内容:
  • アパート
  • ハイム

一般的な住宅よりも大きく広い屋根を積極的に活用 大容量・高効率な発電がコストの回収を短縮し、何より地球にやさしい発電システムを実現しました

足立区に2009年3月にご建築の賃貸物件。
太陽光発電システムにご興味はお持ちでしたが、当時は搭載せずに完工となりました。
その後、太陽光発電システム設置に関する補助金や2009年11月より開始された余剰電力買取価格2倍の制度が後押しとなり、太陽光発電に対するご興味が再燃。
ファミエスにお問い合わせくださいました。
ファミエスでは太陽光発電を設置した場合の発電量、回収年などをシミュレーションしご報告。
補助金や買取制度により、設備設置コストの回収年数が短縮することと、何よりも地球環境にやさしい設備ということで、賃貸物件2棟に太陽光発電を設置いただくこととなりました。
1棟あたり60枚(9.96kW)、合計で約20kWを発電する大容量の太陽光パネルを設置しました。
これまでは何も無かった屋根の上を有効に活用し、さらには補助金や買取制度を積極的にご利用されることで、安定した収益を確保する賃貸物件に生まれ変わりました。

これを見た方はこの事例も見ています